“とにかく癒された~~~い!!そんな人へ贈るヒーリングアニメ”『ゆるキャン△』

今癒されたくない人は絶対見ないでください!
100%癒されて、キャンプに行きたくなってしまいます!

可愛いキャラクターと綺麗な景色。

『ゆるキャン△』なら、そんな映像に癒されてしまう事間違いなし!

おまけに、かなり本格的にキャンプについての紹介までしてくれちゃいます♪

作品の世界を感じたいと、キャンプを始める中毒者も多数。

キャンプが好きな方。
キャンプをしたことがない方。

どちらも楽しめるアウトドアアニメが、本作『ゆるキャン△』です♪

©あfろ・芳文社/野外活動サークル
画像:公式HPより引用

 

 

■こんな人にオススメ

★アニメを観ながらのんびりしたい方
★おうち時間でアウトドア気分を味わいたい方
★癒されたい方
★キャンプが好きな方
★キャンプを始めてみたい方
★作品の世界を体験したい方
★可愛いキャラクターが好きな方
  
※本紹介記事では、主に【アニメ版】についての紹介をしております。

 

■推しどころ!

★ゆっくりのんびり観られるヒーリングアニメ★

『ゆるキャン△』を推すのであれば、やはり“癒し”というのは外せない推しどころ!です♪

キャラクター達の掛け合いや、描かれている風景や景色を観ていると、何故だかあっという間に時間が過ぎ去ってしまします。笑

視聴後もどこか穏やかな気分になるので、非常にリラックスできる作品となっています♪

個人的には、部屋を暗くして、温かい飲み物を飲みながら観るのがオススメです。

本作のメインキャラクターは、キャンプやアウトドアの好きな女子高生たちです。
可愛らしいキャラクター達の掛け合いや、ついニヤニヤしてしまうようなやり取りもたくさんあります♪

とはいえ、ドタバタした事件が起きたりキャッキャウフフばかりしているわけではありません。

作中では、結構本格的にアウトドアを行っている様子が描かれています。

例えば。

作中に登場する“志摩リン”ちゃんは、自転車やスクーターでキャンプ場まで行き、そこでソロキャンプをするのが大好きなキャラクターです。

自分でテントを組み立て、焚火を起こし、のんびり読書や散歩をします。
時には、キャンプ場への道すがら温泉に入ったりもして、存分に一人旅を満喫しています。

他にも、キャンプに必要なものや豆知識なども紹介してくれます。
キャンプ初心者の方にも非常に分かりやすく、詳しくなくとも「へぇ~」と言いながら観てしまいます。

そしてこの作品は、ヲタクたちをキャンプ場へと駆り立てたのです…
冗談ではありません。事実です。笑

また、本作の良さとして、キャンプ場やそこから見える景色などが、非常に綺麗に描かれています

そのため、家にいながら実際にキャンプ場にいるような、
さらには、キャラクターたちと一緒にキャンプをしているような気分になれます。

昨今は、なかなか遠出もできないご時世ですが、
本作を観れば、そういった不満も解消されるかもです♪笑

何も考えずのんびり過ごしたい時。
可愛いキャラクター達や綺麗な景色を観ながら癒されたいなと思った時。

そんな時には是非、『ゆるキャン△』を観てみてください♪

 

■作品紹介

<あらすじ>

高校生の“志摩リン”はキャンプをするのが趣味。
休日には一人でキャンプをするほどのアウトドア少女。

その日も彼女は、キャンプ道具を載せた自転車を漕ぎキャンプ場へ向かっていた。

すると、キャンプ場の入り口でいびきをかきながら寝ている少女がいた。
あれは風邪ひくな、なんてたわいもないことを思いながら、キャンプ場への受付を済ます。

入場した彼女は、手早く設営を済ませていく。
こなれた手つきで、持参したテントを張り、椅子を組み立て、焚火を起こす。

準備は万端。

温かい飲み物を飲みながら、のんびりと読書をする。
とっても穏やかな時間が過ぎていった。

夕方。

日も落ち、読書も一段落したリンはトイレへと向かう。

その帰り道、突如目の前に、号泣しながらリンを見つめる少女に遭遇する。

それは、昼間いびきをかいて寝ていた少女“各務原なでしこ”だった。

事情を聞くと、越してきたばかりの家から自転車で富士山を見に来たが、
疲れて寝てしまい、こんな時間になってしまったという。

見るに見かねたリンは、なでしこにご飯を勧める。

しばらく夜のキャンプ場で一緒に過ごす二人。

その後、なでしこの帰宅問題は無事解決できたのだが…

後日。

偶然にも、二人は同じ高校で再会するのだった。
 

<作品への没入感>
本作はその性質上、作品のへの没入感を味わいやすい作品です。

どういうことか。
簡単に言えば、実際にアウトドアをすると、その世界へ入り込んだような気分になります♪

キャラクターたちのようにキャンプをするもよし。
友達とバーベキューをする、などでも良いと思います。
もっとハードルを下げて、休日に外で読書をする、などもいいんじゃないでしょうか。

そんな風に、外で自然を感じながら何かをしていると、なんとなく作中の世界に入り込んだ気分になれます。
“没入感”というと少し意味合いが変わるような気もしますが…(語彙力)

昨今は特に、家から出て何かをする機会も減りました。
そんなときに、非日常感を味合うためのヒントがたくさん詰まっていると思います♪

また、キャンプをする方であれば、キャンプをしながら聖地巡礼もできてしまうのもオススメです!

作中でキャラクター達がキャンプをする場所は実在するキャンプ場がモデルとなっています。
調べてみると結構出てくると思うので、気になる方はチェックしてみてください。

ちなみに。

僕の友人は、『ゆるキャン△』視聴後にキャンプセットを一式揃え、時たまキャンプへ行くようになりました…

もちろん!
僕も、彼に誘われて連れて行ってもらったことがあります。笑

それまで、キャンプをするという経験をしてこなかったので、新鮮ですごく楽しかったです♪

作品が気に入った方は、是非自分でも体験してみて欲しいです!

 

■メディア情報

本作は、漫画『ゆるキャン△』(著:あfろ)となっています。
執筆時既刊10巻となっておりますので、気になる方はコチラもチェックしてみてください♪

また、アニメについても『へやキャン△』という番外編があります。
数分のショートアニメとなっており、キャラクターたちのちょっとした日常が描かれております。
時間も短く、観やすいので是非観てみてください。

そして!
満を持して『ゆるキャン△ Season2』が2021年1月に放送予定となっております!
本記事で紹介した第01期が気に入った方は、続けてチェックしてもらえると嬉しいです♪

 

■最後に

のんびりと過ごしたいのならコレ!
そんな『ゆるキャン△』の紹介でした♪

可愛いキャラにも、登場する景色にも癒され…

「キャラアニメ+癒しアニメ+アウトドアのための実用アニメ」

みたいな、かなり良いとこどりな作品だと思います。笑

先述しましたが僕のオススメは、部屋を暗くして温かい飲み物を飲みながら観る、です!
なんとも言えない、ほっとした気持ちになれます。

作中で使われているBGMも最高です。
聞いていると落ち着くようなものが多く、それが作品をさらに引き立てています。

そんな風に、癒しポイントがたくさん詰まった作品です♪

そして、最後に。

視聴後は、あなたもキャンプに行きたくなるはず!
もしかしたら、新しい趣味に目覚めるかもしれませんよ。

気になった方は是非、本作のご視聴をお勧めします♪

 

■作品情報

作品名 ゆるキャン△
媒体 漫画(執筆時既刊10巻)
   アニメ(1クール全12話、2021年1月にSeason2放送予定)
   番外編アニメ『へやキャン△』(1クール全12話)
著者/脚本 漫画:あfろ
      アニメ:監督・京極義昭/シリーズ構成・田中仁
      番外編アニメ:監督・神保昌登/脚本・伊藤睦美
出版/制作 漫画:芳文社
      アニメ・番外編アニメ:C-Station
公式サイト https://yurucamp.jp