“ネコの本能には抗えない?ネコ娘たちとの癒しライフ”『ネコぱら』


みなさん。ネコはご存じですよね。

敏感に動く可愛いお耳。
感情豊かに揺れるしっぽ。
そして、二本足で歩くとっても素敵な生き物。

そんなネコがお好きなら、こちらのパティスリーに是非いらしてみてください。

飛び切りキュートなネコたちがあなたをお待ちしています。

ⒸNEKO WORKs/ネコぱら製作委員会 アニメ『ネコぱら』より引用”

 

きっと、想像しているよりも、
ネコネコしているそんなキャラクターたち。

水を怖がったり、大きな音に驚いたり。

純粋な気持ちでネコたちを愛でるような、
そんな癒しが詰まっているのが本作『ネコぱら』です♪

時にはネコの本能に負けて失敗してしまう事もあるけれど…

それでも一生懸命、大好きなご主人様をお手伝い♪

そんな、可愛いネコたちの日常を覗いてみませんか?

ⒸNEKO WORKs/ネコぱら製作委員会
画像:公式HPより引用

 

 

■こんな人にオススメ

★ネコが好きな方
★ケモミミ娘が好きな方
★ネコちゃんたちに癒されてたい方
★可愛いキャラににゃんにゃんしたい方
★ADVのゲームが好きな方(原作はゲームです)

※本紹介記事では、主に【TVアニメ版】についての紹介をしております。

 

■推しどころ!

★「思ったよりネコ!」な可愛いネコ娘たち★

『ネコぱら』に登場するのは、とっても可愛いネコちゃん♪

ただのネコミミ少女たちかと思えば、
結構ネコ要素が強くて、そこが非常に可愛いのです!!

水を怖がったり
大きな音に驚いたり
カツオやいりこが大好きだったり
威嚇ポーズで「シャー!!」とけんかしてみたり

ただ単に可愛いというわけではなく、動物を愛でるような感じですね♪笑。

頭とか顎とかを撫でてあげたい…
猫じゃらしで遊んであげたい…
おやつをあげてニコニコしているのを眺めていたい…

ネコ好き、もとい動物好きにはたまらんのです!

作中のネコたちは、ご主人様のケーキ屋さんでお手伝いをしています。
可愛らしい恰好と接客で、羨ましい限りなのですが…

そんな風にして人間と共に生活している姿を観ていると、
考えているより、さらっと作品の世界観に入り込めると思います♪

キャラアニメ、日常アニメではありますが、
“思ったよりネコ”という感じで、どこか新鮮な感覚で観られます♪笑

人間社会に、普通にこんなネコたちがいたら…
そんな、ありそうでなかったな世界観!、といったところでしょうか。

というわけで!

ネコ好きの方は必見!
ついでに、ケモミミ好きな方も必見!

そんな本作『ネコぱら』です!
気になった方は是非、視聴してみてください♪

 

■作品紹介

<あらすじ>
“ショコラ”は明るく元気な、茶色い毛並みのネコ。
ネコの本能を抑えきれず、時たま失敗してしまうのがたまにキズ。

“バニラ”はもの静かな、白い毛並みのネコ。
しっかり者ではあるが、ショコラが大好きで他のネコに嫉妬してしまう事も。

そんな二匹は今日も、大好きなご主人様のケーキ屋さんでお手伝い。

可愛い洋服に、首の鈴を鳴らしながら耳をヒクヒク、しっぽをふりふり。

そんなある日のこと。

お店も終わり、この後は晩御飯。
そして、今日は二人の大好物の“カツオのたたき”。

だが、そんなたたきに合うポン酢がない!?

ショコラはご主人様にお願いして、一人でおつかいに行くことにする。

すると。

ショコラは、おつかいの途中で通りかかった公園で一匹の仔ネコを見つける。

不思議に思ったショコラは、
家やご主人様の事を尋ねてみるが、全くの無反応。

おなかが空いている様子だったので、ポケットからチョコレートを取り出すと、
仔ネコは何を思ったのか、サッと草むらに隠れてしまった。

仕方ないと、その場にチョコレートを置き、おつかいへ戻るショコラ。

おつかいの帰りにもう一度公園に立ち寄ると、先ほど置いたチョコレートが無くなっていた。

きっと、ご主人様に会えたのだろう。
そう思うことにしたショコラはその場を後にする。

しかし。

家に帰ってきたショコラの後ろには。

いつの間にか、先ほどの仔ネコがいるのだった。
 

<ネコのペア>
作中に登場するネコたちはみんな仲良しですが、
物語として、ある程度ペアが決まっています。

ショコラ⇔バニラ。
シナモン⇔メイプル。
アズキ⇔ココナツ。

作中でもそれぞれのペアにフォーカスした物語もあります。

どんな風にお互いを想っているのか。
どんな絆があるのか。

そういった部分もきちんと描かれます。

この組み合わせを覚えておけば、
作中のちょっとした会話なども、より楽しめるかと思います♪
 

<ネコたちの生活>
ネコたちは人間社会に適応しながら生活している、という設定です。
もちろん飼い主やご主人様はいるわけですが。

これが個人的には面白いなと思っています。

例えば。

ネコたちは試験に合格しないと、自分一人で出かけることはできません。
人間側もネコたちと共存するために、仕組みを作っているというわけです。

キャラアニメにしては、変な紹介なのは重々承知していますが…
そういった「共存していこう」という姿勢が、何とも羨ましいなと思って観てしまいます。

でも、逆に捨てネコの描写もありますし、そういったところは悲しくなってしまいます。

こういったことは現実でも起こっている問題ですよね。

現実でもフィクションでも。
ネコに限らず、人間と動物たちが幸せに暮らしていけるような世界になって欲しいなと♪

作中のネコたちを観て、そんな風に思ってしまいました。

ショコラやバニラの笑顔を守っていきたいと、きっとあなたも感じるはずですよ♪

 

■メディア情報

本作にはOVAが2作あります。

ネコぱらOVA(全2話)
ネコぱらOVA 仔ネコの日の約束(全1話)

どちらも、テレビ版の前に作られたもので、
物語も、時系列としてさらに前の物語が描かれています。

また、本作はゲームが原作となっています。

PC・Switch・PS4とプラットフォームがいくつかあります。
ただし、PC版のみR18となっているバージョンがありますのでご注意ください。

ちなみに、この原作ゲームは相当数の売り上げを誇っています。
日本だけでなく、ローカライズもされ、海外での人気も非常に高いです!

気になった方は原作・OVAもチェックしてみてください♪

あ!
それから、スパートフォン向けゲームが開発中とのことです!
開発は今話題のYostarとなっていますので、こちらも続報のチェックをお願いします!

 

■最後に

正直な話をすると、本作を観る前の期待感はあまりありませんでした。

ケモミミやネコ娘などが好きな僕からすれば、
ジャンルとしても、個人的には刺さるものではあったのですが…

如何せん、所謂ギャルゲー・エ〇ゲーが原作となっているため、
どうしても、作画やお話のまとまりなどが悪くなってしまうイメージがあったからです…

そういう先入観を捨て去ることがモットーではあるのですが、
過去に何度もヤられているので、これはもはや恐怖心ですね…

ですが。
それを、良い意味で飛び越えてくれたのが『ネコぱら』でした。

作画はもちろん、お話の内容やキャラクターたちのネコっぷり!
愛でたくなるようなキャラたちには癒されまくりでした♪笑

個人的には久々に、純粋にキャラアニメが観れたな~という感じです。

そして。
実感するのは、やはりネコ娘は良いですね♪
時間との相談ですが、どこかで原作もやってみたいと思っています。

そんな、ネコたちを愛でるための作品『ネコぱら』でした!
気になった方は是非、視聴してみてください♪

 

■作品情報

作品名 ネコぱら(2020年)
媒体 アニメ
著者/脚本 原作:さより
      アニメ:監督・山本靖貴/シリーズ構成・雑破業
          脚本・雑破業、山下憲一、土田霞、久尾歩
出版/制作 原作:NEKO WORKs
      アニメ:FelixFilm
公式サイト https://nekopara-anime.com/ja/