“ギャグとシリアスの絶妙なバランス”『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』

恋愛に悩むそこのあなた!!

ただ「ボケーッ」としていても、
望む恋が手に入るなんてことは絶対にないのだ!!

恋愛は戦!!

頭を使い策を講じ、いかにして相手を篭絡するか。

そして、いかに相手に告白をさせるか!!

これができなければ、あなたにハッピーな恋人ライフは訪れない!!

そしてっ!!

お困りのあなたへ贈る、そんな戦への兵法書!!

それが『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』である!!

天才・秀才たちの高度な頭脳戦を心に焼き付け、

そして、己が恋愛勝者への道を切り開くのだ!!

©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会
画像:公式HPより引用

 

 

■こんな人にオススメ

★学園を舞台にしたギャグが好きな方
★ラブコメが好きな方
★シリアスな展開が好きな方
★バランスの良いギャグとシリアスを観たい方
★キャラクターから元気を貰いたい方
★思考戦が好きな方
★初心な恋愛を観たい方
★相手を思いやる、色んな想いを観たい方
 
※本紹介記事では、主に【アニメ版】についての紹介をしております。

 

■推しどころ!

★ギャグとシリアスの絶妙なバランス★

とにかくこれに尽きます!

ギャグの面白さは当然ながら、
そこから突入するシリアスな展開。

このバランスが視聴者を引き付ける、それが本作、
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』です♪

作中では『好きになった方が負けなのである』という命題の元、

主人公“白銀 御行”と、ヒロインの“四宮 かぐや”による恋愛頭脳戦が行われていく、というのが、大きなストーリーとなっています。

二人とも非常に頭がよく、所謂天才という人種です。

そのため、策略を練ったりして、いかに相手に告白させるか、ということに心血を注いでいます。

まず、このやり取りと過程が非常に面白いです!笑

「いや考えすぎだろ!」とか「そこまでするのか!」、といった事が多々起こります。

さらに。

策略をめぐらすも、なぜか裏の裏をかきすぎて失敗したり、
相手の言動に、ついときめいてしまって、途中で満足してしまったり。

慌てふためくキャラクターたちの思考戦や言動を観ていると、
視聴者側も、自然と笑いがこぼれてしまいます♪

というか、ギャグセンスがかなり高いので、是非一度味わっていただきたい!笑

そして。
それだけで終わらないのが、本作のスゴイところ。

キャラクターたちを中心とした、シリアスな展開も本作の見どころとなっています。

このシリアスな展開があるからこそ、
ラブコメとしてマンネリが少なく、物語がきちんと前に進んでいく、という構成となっています。

さらに、シリアスな展開が一段落すると、よりキャラクターたちが好きになっていきます。

そして、普段のギャグ回もさらに面白く見えてくる。
良きループです。

シリアスと言うと、少し敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、
内容としても程よいものとなっていますので、あまり気負わずに観始めていただいて大丈夫です。

このギャグとシリアスの両立というのは非常に難しく、
作品によってはそのバランスが崩れてしまい、どちらの良さも消えてしまうということが起こりえます。

その点。
本作は、そのバランスが非常に上手に取れていると思います。

ギャグとしても楽しめる。
シリアスな展開では、一緒にキャラクターを応援したくなる。

そんな一石二鳥、一挙両得な作品となっています♪

 

■作品紹介

<あらすじ>

人を好きになり、結ばれる。

それは素晴らしことだと、誰もが言う。

しか~~し!!!

恋人たちの間にも、明確な力関係が存在するのだ!!

己を気高く保ちたいのであれば、
決して、相手に屈してはいけないのだ!

そう!!

恋愛は戦!!

“好きになった方が負け”なのである!!

そんな世の理の元。

秀才たちが集う『秀知院学園』で、壮絶なラブゲームが繰り広げられる!!

秀知院学園生徒会長“白銀 御行”。

そして、副会長“四宮 かぐや”。

お互いに策を張り巡らし罠を仕掛け、いかにして相手に告白させるか。

決して自分から告白するのが恥ずかしいなんて、そんな理由ではない!!

余裕ぶっこいて、その気になってから半年もたってしまって、
その間、進展の一つも全くなかったのも…

そう、あくまで策略なのだ!!

もう一度言おう!!

恋愛は戦!!

そして、この物語は!!

常人には到底至ることのできない、

天才達による高度な恋愛頭脳戦なのだ!!
 

<ナレーション>

本作では主人公たちのほかに、
ナレーションとして、説明や解説が入ったりするのですが…

このナレーションがとても良い味を出しています♪笑

これが無ければ、本作の面白さは半減していることでしょう。

それほどまでに重要な役割を担っています。

原作の漫画にも、当然ナレーションに該当する部分は存在しますが、
アニメとしてここまで昇華させられているのは、素直に感服します!笑

視聴の際には是非、その部分も…

と、わざわざオススメをするまでもなく、かなり自己主張してきますので、
思いっきり楽しんでいただければと思います♪笑
 

<キャラクターへの思い入れ>

シリアス回では、キャラクターの内面や、
もちろん実際に起こる問題を解決するような展開もあります。

ですが。

どのお話も『誰かのために何かをする』というような、そういったものが物語として描かれます。

それは、『恋愛』や『友情』や、はたまたそれ以外の感情だったり。

しかし、そんな真摯なキャラクターたちを観ていると、
こちらも純粋な気持ちで、物語を楽しむことができます。

これが、キャラクターたちに好感を持てる一つの理由なのだと思います。

その証明として。

ネタバレになるので詳細は伏せますが、
第02期のとある回では、そんな本作の良さが爆発する回があります。

キャラクターの成長が観れることも含め、物語・演出ともに最高で、
本作のファンは、誰もが声を上げてキャラクターたちを応援していました。

それほどまでに、視聴者を惹きつけることのできるキャラクターたちなのです。
 

<名言とおもしろ名言>

本作は、名言やおもしろ名言がたくさんあります。

名言の方は、ネタバレも含まれてしまうので割愛させていただきますが、
元気や勇気を貰えるような名言や、グッとくる名言までたくさん存在します。

ギャグ的なところであれば、ということでおもしろ名言を挙げると、

「お可愛いこと」や、
「ドーンだYO!!」や、
「IQ3でも任せなさい」とかですね♪笑

どことなく、実際に口にしたくなるようなものが多い印象ですね。

とは言え、ここで書いても伝わりにくいので、
実際に観ていただいて、楽しんでいただければと思います♪

 

■メディア情報

本作は第01期(全12話)、第02期(全12話)となっています。

また、原作は同名の漫画となっており、
執筆時時点(2021年01月)で、既刊20巻となっております。

漫画についても、雰囲気はそのまま。
アニメを気に入った方であれば、すんなり読んでいけると思います。

そして、アニメとして映像化されていないお話もたくさん存在しますので、
気になった方は是非チェックしてみてください♪

ちなみに。

アニメと原作はどちらから観た方が良いのか、ということについてですが。

どちらからでも入っても、全く問題ありませんが…

強いて言うなら、アニメからの方がイメージが掴みやすく、
視聴後には、原作もよりスムーズに読んていけるかと思います♪

理由としては、やはりナレーションです。

先にも記載した通り、アニメではこのナレーションが、
お話を盛り上げる上で、非常に良い要素となっています。

そのため、アニメ→原作、と進めると、
頭の中でナレーションが再生されるので、単純に物語が読みやすくなると思います。

あとは、原作はどうしても巻数が多くなってきているので、
アニメで雰囲気を掴んでから、というのも理由になりえるかと。

ですが、実際はどちらからでも問題はありませんので、
お好きな媒体から、本作を楽しんでいっていただければと思います♪

 

■最後に

本作も、気づけば原作が20巻まで来てしまいました。

漫画も楽しませていただいているのですが、
随分と巻数が増えてきたな~、と感慨深く感じております。

ここまでくると、マンネリとかそういったものがあるのが普通ですが、
こと20巻まで読んできても、そんな覚えがありません。

むしろ、どんどん面白くなっていると思います♪笑

今回はアニメの紹介となっておりますが、
余裕のある方は、是非とも原作漫画の方も読んでいただけると嬉しいです!

勉強というものが一つのファクターとなったラブコメは、
ジャンルとしては結構流行りなジャンルなんだとは思っています。

ですが。

本作はその中でも特にギャグセンスが非常に良く、
そして、さらにはキャラクター自身も掘り下げる、ということで、
かなりの良いとこどりを実現している作品だと思います♪

一つの作品でここまで楽しめるのですから、
作者の赤坂アカ先生、そしてアニメ制作スタッフの皆さんには頭が上がりませんね…

というわけで!

気になっているだけではもったいない!

まだ観ていない方は、是非とも作品に触れてみてください♪

 

■作品情報

作品名 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
媒体 漫画・アニメ
著者/脚本 漫画:赤坂アカ
      アニメ:監督・畠山守/脚本・中西やすひろ、菅原雪絵
出版/制作 漫画:集英社
      アニメ:A-1 Pictures
公式サイト 漫画:https://youngjump.jp/kaguyasama/
      アニメ:https://kaguya.love/1st/